2010年06月05日

まよいマイマイ〜東大和市

manju.jpg
 
以前 聖地巡礼に特化したSNSで書き込んだネタを。
 
「高木のまんじゅっ鉦」
 
化物語 まよいマイマイ編で登場する公園に出てくるオブシェの元ネタだそうです。
 
見ればたしかに そっくりです。
 
東大和市では 市内に27体のモニュメントが設置されておりまして
こちらもそのモニュメントの一つ。
 
これだけを見に行くというのは 距離を歩くので大変かもしれないけれど
実際に見てみたいという方は是非。
 
詳しい場所は モニュメントマップ で
 
posted by 2009 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月02日

FARFISA

FARFISAProfessiona.jpg
ファルフィッサと呼びます。
1960年から70年代に活躍していたイタリアのオルガンメーカーです。
電子オルガンといえぱ Hammond(ハモンド)が有名で VOXとかのメーカーを知っていれば
結構お詳しい方なのでないかと。
さらにこのファルフィッサをご存じなら 少しニヤっとしてしまいそうな感じです。
音色でいうと オルガンというよりは 電子音といいますか サイケで怪しい感じがしますね。
「Pink Floyd」も使用していたと言えば 「ああ。あんな感じか!」とご理解頂ける方もいるのではないかと思います。
この FARFISA。 かな−り昔に 購入しましてですね。  
なんと言いますか 「衝動買い」という奴なんですけど   2万円位で安かったのですよ。
まぁ 海外での話ですけどね。  買っちゃった訳です。
物珍しいだろうし 誰かに(誰だ 一体)自慢とか出来るんじゃないかなぁ  なぁんて。
日本に持ってくるのが高かった。  購入した金額に近かった。
で 届いて動かそうと思った訳ですが  当然ながら 電圧が違います。
この辺りはトランスかまして 起動させた訳ですが
音声ケーブルが直付け。  これが断線していたら 音出ないじゃん。て事になりますけど
ハンダ付け出来る方なら ケーブル交換なんてお手の物。 さほど問題にはなりません。
早速弾いてみる。 ちゃんと音が出る。 鍵盤も大丈夫。
 おおっ 良い音色。   と感動していた所で  チューニングがおかしい。
半分以上 狂っている感じ。 これは調整しないと  と思った矢先に ボリュームのつまみが
「ポキっ」と  折れる。
よーく見ると つまようじくらいの太さで 材質が洗濯ばさみの様な材質のプラスチック。
触っただけで ポロっといってしまう材質で出来ている。  「なんだこれ。」と
これじゃ ボリューム変えられないじゃん。と思うも 課題は チューニング。
開けてみたら 中身がそんな材質のプラスチックだらけ。
怖いので未だ チューニングを合わせないまま 放置してあります。
あまり手弾きとか得意じゃないし  インテリアを兼用していたので。
いつか直してまた使う日がくるのだろうか。   
最後に 購入したのはオルガンでは無くて「電子ピアノ」だったりします。
posted by 2009 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月30日

一灯点滅信号機

signal.jpg
 
「一灯式」だか「一灯点滅式」だか 正式名称が良く判っていないのですが
都内では大変珍しい信号機です。
 
九段下の近くで撮影したのですが  都内では他にもこの信号機はあるのでしょうか?
 
数が少なければコンプリートも可能!?
しかし 情報が少ないです。  まさか、ここだけって事はないですよね。
 
 
 
 
 
 
posted by 2009 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月26日

Bicycle Built for Two

デイジー デイジー で始まるこの歌。
実は100年以上も前にヒットした曲なんだそうです。
この歌は「2001年宇宙の旅」でHALが「歌を覚えた」というシーンで歌う歌詞の元だと言われています。
「2001年宇宙の旅」が公開されたのが 1968年。
1961年に「ベル研究所」にて IBMの7094 という 

大型コンピューターを使用して 初の音声合成による歌が発表されました。
その時の歌が「Bicycle Built for Two」でした。
当時はパンチカードでプログラミングしていた様です。
 
昔はこんな物に興味を抱く人が少なかったので独自で探した物ですが
今では CDも発売されておりますし インターネットで調べられますから良い時代です。
 speech5.jpg
現在でも発売されている電子音楽のオムニバス。
 「Bicycle Built for Two」が収録されているCDは他からも発売されております。
 
 
 
speech4.jpg

1961年に付録!?として出されたソノシート。 
 
 speech3.jpg「MUSIC FROM MATHEMATICS」

IBMの7090で作られた電子音楽を集めたレコードで唯一の市販品。
ステレオ盤とモノラル盤があります。残念ながら所有しているのはモノラル盤
 
 speech2.jpgプロモーション用の非売品。
 
 64年に配布されたのには何か意味があるのだろうか。
 
日本では 80年代にNECのPC-6601が 初なのかは定かではありませんが
音声合成で歌わせる事が出来ました。
 
 
それから10数年後 「初音ミク」の発売によって 一気に市民権を得てしまった感じです。
(本当はボーカロイドの発売で徐々にというのが正解なのかな)
 

posted by 2009 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月21日

レンズを購入

tamron_17-50l[1].jpg
 

愛機 D5000用に 新しいレンズを購入。
タムロンの「SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II VC」
 
200mm以上の望遠もいいかなぁと思ったけど 普段使用するのってこのサイズでしょうきっと。
 
カメラ本体が比較的軽いので バランスはどうかなぁ と思ったけど このサイズならギリギリ大丈夫。
気になりません。
 
音は少し大きめ これも気にならない程度。
 
やはり 明るめのレンズはいいよね。
 
まだ本格的に使用してないので 今度の休日に...って 天候良くないのかなぁ。
 
 

posted by 2009 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月20日

100周年

アルファロメオが 6月に100周年をむかえるそうだ。
 
75周年の時には 75という車が出てきたので もしかしたら 何かやってくれそうな予感。
 
そんな訳で 今年は盛り上がっている感じではありますが 先日行われたミーティング(AlfaRomeo Day)
に参加出来なかったのがとても悔しい。
 
6月に何処かで開催する予定はないのかしら?
 
関東でしたら お声を掛けて下さいね。
 
と言うことで 記念のステッカーを貼ってみた。
 100.jpg
 
 
 
posted by 2009 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

トウキョウ クルーズ

h11.jpg
「水上バス」に乗船して参りました。
「水上バス」は「浅草」から隅田川を東京湾周辺を往復しておりまして
各種航路がありまして それによって 乗る船も様々あります。
今回は 「豊洲」−「浅草」間を乗船してみました。
実は「豊洲」−「浅草」ルートには 「ヒミコ(HIMIKO)」という 近未来型のフォルムの船に乗ることができまして
デザインは「松本零士氏」となっております。
豊洲は 「ららぽーと豊洲」前に乗り場がありまして
ここのブログを既に読まれている方には ピンと来る場所になっております。
 h1.jpgh2.jpg
「ヒミコ」は 豊洲からだと 12時・14時・16時の40分の3便だけ
乗る方は 時間に余裕を持たれた方が良いと思います。


さて 船が到着しまして いざ乗船。
 h9.jpg
水上バスというと オープンデッキのイメージですが 「ヒミコ」にはそれらしき物はなく
屋外に出られません。  その代わり 全面ガラス貼りに近いので 景色を見るには
さほど違和感は無いのですが 天気が良い日は 船内は暑いかもしれません。
写真撮影は ガラス越しになるので 偏光フィルターとかの装備が必要かもしれません。
 h6.jpg
独特のフォルムからなんでしょうか。  周囲からよく見られます。
なんか 照れくさい感じがしました。
松本零士氏が関わっていたと言うことで 観光用の船内アナウンスは
星野鉄郎、メーテル、車掌さんといったキャラクターの声で放送されています。
 h4.jpg
景色はやはりいいですね。  普段目にしない橋の下なんかくぐると面白いです。
自分なんかは 「首都高速」もよく利用するので 車に乗っている景色と違うアングルが見れたのは
良かったです。
隅田川で ロケ地といえば ココでしょうかねぇ。 「R.O.D -THE TV-」でお馴染みの風景ですね。
 h8.jpgh7.jpg
35分の旅も終わりまして 「浅草」に到着。
なんか 「豊洲」よりもかなり多めの列が。   
浅草を降りて すぐ近くの場所に 「スカイツリー」の絶景ポイントがあります。
ビルの反射を利用した 「ダブルスカイツリー」
 h10.jpg
もぉ少しすると ビルの反射に収まらなくなるとか。
この後 スカイツリーを見に「業平橋駅」へ そして 電車で「北千住」・「南千住」と向かいます。
 

posted by 2009 at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

夢の島〜ヴァンパイアバンド〜巡り再び

ダンスインザヴァンパイアバンド 10話
「ワルプルギスの夜」のロケ地巡りをして参りました。

場所は「夢の島マリーナ」

ん!? と思う方もおられるでしょう。

実は 以前に同じ場所を訪れておりました。
(なのでタイトルに再びをつけさせて頂きました)

cd2.jpg

日記で紹介しました
「つばさキャット」のオープニングの場所でございます。

bakews122.jpg

丁度 撮影しに行った後 わりとすぐの放送を見て
「ああっ ここは!」と気付き 再び撮りに行った訳でございます。


最初は メイレンと二人で行った 植物園が 夢の島だと
判ったのですが  再度録画した物を見て

実写部分が わりと細か〜くちりばめられているのを発見。
今回はその部分に焦点を合わせての紹介です。

なお これは完全ではありません。
課題が残っております。
 
今回は 都合上 真っ昼間に行った物ですから
現地では バーベキューで楽しんでいたり 写生をしていたりと
のどかな休日を満喫していた方達でにぎわっておりました。


cc1.jpg

ここは つばさキャットのシーンの すぐ後ろ辺りといいますか
ペンチが写っちゃっておりますね。


cc2.jpg

植物園前の通り

ここを訪れた時に 元と違うと思ったら
道路に白線を引く工事を行っていたのですね

以前訪れた際に 適当に撮影していたものには 白線が
ありませんでした。

cd1.jpg

作品の中では 一瞬しか出てこないシーンなので
比較映像を 下にちらっと載せておきました。


c3.jpg

c4.jpg

植物園 前

c5.jpg

俯瞰で見れる所なんてあったのかしら?と思ったら
明治通りを挟んでの歩道橋が 展望台になっておりまして
登ったら ばっちりでした。

posted by 2009 at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月23日

Twitter

Twitter 始めました

見かけたら フォローしてください。

posted by 2009 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月05日

つばさキャット巡り 下(聖地巡礼 化物語)

先日 つばさキャットのオープニングの実写部分で
場所が判らなかった続きですが 判明いたしました。

ベンチに座っているシーンの場所ですが
「新木場」でした。

豊洲から葛西臨海公園までの間の 海岸近くを
GoogleMapで調べてみたら 道路の舗装の感じで見つけてしまい
ました。

早速 撮影してきまして こんな感じになりました。

bakews12.jpg

この場所に行くまで 結構歩いたのと
突貫と思っていたOPではありますが
全部回ると結構疲れます。

これで自分もスッキリしました。
最終話は OPがアニメ版になるという噂も
新映像 楽しみです。

posted by 2009 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記