2022年06月12日

怪奇大作戦 霧の童話ロケ地巡り

再び 「高遠」へ行って参りました。
前回のブログから4年。 コロナ過になったり 全てが一変した様な感じです。

私は ロケ地マップ等 面倒な作業はあまり得意ではありません。
それに 間違った情報を発信してしまうこともあるだろうから
出来るだけその部部には触れないでおこうと考えておりました。

今回は少し事情が変りました。
と言うのも 今まで参考にさせて頂いていたブログが消えてしまったり
観覧不可な状態になっていたからです。

お恥ずかしながら ここのブログが有力候補として表示されてしまっていることに
苦笑いという状態でしたので

ならば もう少し参考になる様な物を書いてみようかとと思いました。

先に申しておきますが ロケ地巡りをする際は くれぐれも迷惑にならないような
配慮をお願い致します。。
今回も 人が住んでいるかもしれない住居が近くに近接していましたので
複数人が会話しながら歩くだけでも迷惑になるかもしれません。
細心の注意を払って行動して頂ければと思います。

aaa2-2.jpg

先ずは 冒頭のシーン。
こちらは 小海線だそうです。すみません ネット情報です。
場所境川鉄橋だと言われております。 ポストカードにもなる様な有名な撮影スポットだったそうですが
残念ながら 現在では草が覆い茂っており 撮影できる場所はありませんでした。
代わりではありませんが 「清里駅」には 当時のSL「ポニー号」が展示してあります。

IMG_3987a.jpg
ポニー号

A-2a.jpg


SRIの隊員が現地に向かっている途中のシーン。

DSCF7936A.jpg

ここは推測なのですが おそらく「東沢橋」ではないかと考えております。
と言うのも 先の小海線のカットと場所が近いのと
この後出てくる 少年がリンゴ片手に走るシーンは この橋近くの牧場では無いかと
推測しているので 全て道一本で繋がります。

問題なのは橋の色で 当時は赤では無かったと証拠が見つかれば良いのですが
検索しても出てきませんでした。

ここまでは 八ヶ岳ロケとなります。

ここからは 高遠付近に移動します。

A-6a.jpg

隊員と少年か初めて出会うシーン

DSCF7912A.jpg

道路は無くなってしまいましたが まだ残っておりました。

A-8a.jpg

少年を乗せて届けた所。

DSCF7894a.jpg

左の木製の鳥居の位置を少し移動しているかもしれません。

この後に出てくる

A-36a.jpg

kaibb-3.jpg

A-16a.jpg

DSCF7890a.jpg

同じ場所で撮影されておりました。

続く




タグ:舞台訪問 
posted by 20009 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記